記事一覧

「万作萬斎狂言公演」

「舟渡婿(ふなわたしむこ)」
京あたりに住む婿が、酒と鯛を持って妻の実家に挨拶に行く途中、大津の渡し船に乗ると船頭に酒をねだられる。断ると舟を揺すったり漕ぐのを止めたりするので仕方なく飲ませる。舟が着き、婿が舅の家に行くと、舅は、なんと先ほどの船頭だった。あわてた船頭は自慢のヒゲを剃り落とし顔を隠して対面するが、結局ばれてしまう。婿は「どっちみち舅に飲んでもらう酒だったから」と許し、仲良く舞って終わる。

「小傘(こがらかさ)」
賭け事で一意文無しになった主従が、出家した僧のふりをして、田舎者をだまそうとする。法事で、傘の小唄をお経のように唱えてお供え物を盗もうとするが・・・。

竿一本で舟に乗っているのを表したり、化粧もしないで白い被り物と着流しだけで女性になったりと、まさに動きとことばだけの切り詰めた芸で笑わせる。
両方とも、和泉流の演目だそうだ。

オニグルミ

アップロードファイル 454-1.jpg

オニグルミは、普通のクルミより一回り小ぶりで色が濃い。殻に隙間が開くまで火を通し、何とかして殻をこじ開けると、濃厚な実がほんのちょっぴり入っている。その苦労も美味しさのうちだ。

2014年元旦

アップロードファイル 453-1.jpg

さかさ門松

ドビーの先祖

ディックは、イングランド中ほどのコッツウォルズ地方にある屋敷に何百年もの間、住んできた。ふつうの人には見えない存在だが、ある少女には、「ぼろを着た小さな人」に見える。

時は17世紀後半、清教徒革命後、没落した貴族が屋敷を去り、かわりに新教徒の商人一家が住むことになった。新教徒は、古いしきたりに従わず、クリスマスも楽しく祝う事はしない。

屋敷を愛し、古いしきたりを守り、ディックの存在を信じる心優しい人たちを、彼はひそかに助け、また屋敷に隠された宝を守り、邪悪な魔女に立ち向かう。

ディックのおかげで、屋敷の女主人として幸せになった娘は、お礼に新しいシャツを贈る。それを着ると自由の身になれるのだ。

現代によみがえったディックの遠い末裔が、「ハリー・ポッター」シリーズに登場するハウスエルフのドビーだろう。

"Hobberdy Dick" by Katherine Briggs(1955),
Faber and Faber(2009)

長崎県の旅(佐世保と平戸)

アップロードファイル 451-1.jpgアップロードファイル 451-2.jpgアップロードファイル 451-3.jpgアップロードファイル 451-4.jpgアップロードファイル 451-5.jpg

佐世保バーガー、九十九島(くじゅうくしま)の遊覧船、弓張岳展望台からの夕日、三浦町教会、佐々駅で相浦(あいのうら)富士と松浦鉄道、平戸城、ザビエル記念教会、ハウステンボス。

京都の紅葉

アップロードファイル 450-1.jpgアップロードファイル 450-2.jpgアップロードファイル 450-3.jpgアップロードファイル 450-4.jpgアップロードファイル 450-5.jpg

11月下旬の京都、東山の無鄰菴(むりんあん)と南禅寺、嵐山の常寂光寺と二尊院。今年は、ずっと暑かったのが急に寒くなり、秋が短かったが、紅葉はどこも綺麗だった。
それに近所の桜も赤くて綺麗だった。

早くもクリスマス

アップロードファイル 449-1.jpgアップロードファイル 449-2.jpg

新丸ビルと六本木ガレリアと銀座教文館では、11月半ばからクリスマスの飾り付けだった。

「ミケランジェロ展」

ミケランジェロ・ブオナローティは、16世紀後半、イタリア・ルネッサンス最後の巨匠である。代表作ピエタのマリアは青年のように見えるし、ダヴィデ像も「最後の審判」のキリストも男性の肉体美が印象的なので、自由奔放な気まぐれな天才肌の人物かと思っていた。

ところが「最後の審判」を描くための素描がたくさん残されていて、あの巨大な作品は、そもそも膨大な下絵の下に製作されたようだ。根気が無ければできない仕事だ。それに、ダ・ヴィンチとは違い、請け負った仕事は苦労しながらきっちり仕上げていたので、天才には違いないが真面目な職人肌でもあったようだ。

ニシンやパスタやワインやホウレンソウのメニューをスケッチしてあるのが微笑ましく、ミケランジェロのイメージが良い方に変わった展覧会だった。

「仮名手本忠臣蔵」

「歌舞伎座新開場杮葺落・吉例顔見世大歌舞伎・通し狂言仮名手本忠臣蔵」の夜の部を見た。大石内蔵助を大星由良之助(吉右衛門)と変えた赤穂浪士の討ち入りの話で、この時期にふさわしい演目だ。

豪華な舞台装置に、浄瑠璃三味線の伴奏つきと、いわば日本のミュージカル。華やかで筋も分かりやすく昔の最大の娯楽だったというのが良く分かる。討ち入りの場面もなかなか迫力があった。

ただし四時半から始まり、お弁当の休憩をはさんで九時までかかった。昔は時間の流れがゆっくりしていたのだと感じさせられた。

山の辺の道:その2

アップロードファイル 446-1.jpgアップロードファイル 446-2.jpgアップロードファイル 446-3.jpgアップロードファイル 446-4.jpg

奈良県の近鉄桜井駅から「山の辺の道(やまのべのみち)」を少し歩いた。

磯城瑞籬宮跡(しきみずがきのみやあと)は、第十代の崇神天皇(すじんてんのう)の住居跡と伝えられていて、三輪山を背後にした高台にあり、かつては、北は「山の辺の道」から奈良と京に、南は紀伊に、東は伊勢に、西は大和川の水運で難波に通じる交通の要所だったそうだ。

「大神神社(おおみわじんじゃ)」は、日本最古の神社の一つで、三輪山を御神体とし、酒造りの神でもあるそうだ。

「久延彦神社(くえびこじんじゃ)」は、大神神社の末社で、大和三山が見渡せる。大和三山とは、かの有名な天香具山(あめのかぐやま)、畝傍山(うねびやま)、耳成山(みみなしやま)だが、高さとしては、いずれも200メートル以下の「山」と言うより小高い丘である。けれど平地にすっくと目立っている姿は「山」というのにふさわしい貫禄があった。

JR三輪駅から「万葉まほろば線」で奈良市へ行った。
興福寺の国宝、北円堂では運慶作の無著・世親像などが公開中だった。深遠な表情や衣のひだの表現が素晴らしく木造とは思えない。四天王像は、しぐさも表情も表現力たっぷりだが、それに加え踏みつけられた邪鬼も憎めなくて忘れられない。

南円堂の脇の橘の実が色づいていて、今日一番の見ものだった。