記事一覧

京都駅

いつも新幹線で素通りしているJR京都駅に行った。吹き抜けのある大きな駅。有名な大階段も見た。目の前にロウソクを模しているらしい京都タワーがそびえている。この暑さの中、平日なのに駅前には外国の観光客もたくさんいて、さすが日本を代表する観光都市、京都だった。

夏の甲子園

アップロードファイル 122-1.jpg

 兵庫県西宮市の甲子園球場に夏の全国高校野球の開会式を見にいった。今年は、北京オリンピックのため例年より早いらしい。今年は第90回記念大会で、そのイベントが先にあるというので、早めに出て7時半過ぎに着いた。
 球場の周りには、プラカードを持つ白い帽子をかぶった女子高生たち、出番を待つ各地のユニフォーム姿の高校生たち、おっかけの?カメラ片手の茶髪の女の子たち、名札を下げた関係者たちなどいろいろ。席に座ると、緑の芝生に黒っぽい土、頭上には薄雲がかかった水色の空がひろがり、向こうに六甲の山並みがかすんでいる。セミの声が聞こえ、暑いけれど時おり風がそよぐ。ドームでなく自然が感じられるのがいい。観客は、それこそ老若男女だが、プロ野球よりはのんびりしていると思う。どんどん席が埋まっていく。隣の団体は、人文字の練習をしていた。
 開会式は型どおりだが、やはり沖縄から北海道までの高校生がそろうのは壮観だった。応援団もバスや飛行機ではるばる来るのだろう。選手宣誓も無事終わった。その後の第一試合は、「山口県の下関工」対「北-北海道の駒大岩見沢」。始球式のボールがヘリコプターから落とされるのだが少し外れたところに落ちたのがご愛嬌。双方の応援団の必死の声、飲み物売りの声、選手を紹介するアナウンスの声、バットに球が当たるカーンという音、どよめく観客の声。テレビのうるさい解説がないのがいい。
 気がついたら、どんどん日が高くなってセミは聞こえなくなっていた。駒大岩見沢が8対6で勝ったが、勝っても負けても満足、という感じだった。勝者の校歌が流れ校旗が掲揚されたが、すぐに降ろされた。試合が終わると、双方の応援団がぞろぞろとひきあげ、次の試合の応援団がぞろぞろとその後を埋めていく。球場の外には、タオル、ペナント、Tシャツなど「高校野球グッズ」をどっさり売っていた。高校野球は、単なる試合だけでなく、いろいろ含まれた一大イベントだ。阪神電車の駅に向かって歩いていくと、この暑さの中、その後の試合を見に、どんどん観客がやってくるのに驚いた。

ふわふわ

アップロードファイル 121-1.jpg

5年前の夏のオーストラリアみやげの羊毛があった。ヒツジから刈ったばかりの片手一握りの灰色で薄汚れてべとついたしろもので触る気にもならず、ずっとビニール袋に入れたまま部屋の隅に置いてあった。引っ越しの荷物整理のときに捨てようかとおもったが記念の物なので捨てきれず、思いついて洗剤で洗ってみたら、なんと真っ白でふわふわになった。この変身ぶりには驚いた。これなら、毛糸になるのも納得。

水出し紅茶

コーヒーより紅茶、それもアールグレイのミルクティーが好きで、一年中熱い紅茶を飲んでいる。ところが最近、フレーバー・ティーを水出しにして一晩おき、アイス・ティーにするやり方を知った。朝、飲むときりっとさわやかで目が覚める。この夏は、これで暑さをのりきろう。

Ulpia Victrix

「第三十軍団、Ulpia Victrix」というのは、最近、気に入っているキプリングの「Puck of Pook's Hill」に出てくるローマ帝国の百人隊長が属していた軍団だが、イギリスの子ども向け(?)歴史小説家サトクリフの「Silver Branch」(銀の枝)を読み返していたら、それが出てきたのでびっくりした。史実として残っている唯一の軍団なのかもしれないが、サトクリフがパックに捧げる意味もあったのではないかと思う。

夕日

アップロードファイル 118-1.jpg

新しい家でいちばん気に入っているのは、夕日が見えること。この時期は、夕方になっても西の空にまぶしく照りつけるお日さまだが、だんだん落ちていって、最後は、陰になって黒っぽい山の端に少しずつ沈んでいくのがよく分かる。すっと沈んで姿が見えなくなった瞬間は、まだ残光が残っていて、なんともいえない余韻が残る。今日は6時43分だった。星の王子さまのように、ちょっと椅子を動かせば何度でも入り日が見られるというわけにはいかないが。

Puck of Pook's Hill

1906年にキプリングが子ども向けに書いた作品。DanとUnaの兄妹が、イングランド南部の'Pook's Hill'、すなわち「パックの丘」で「夏の夜の夢」の劇をやっていると、Puck本人を呼び出してしまう。彼は、二人の子どもにその付近にまつわる歴史上の人物を呼び出して当時の話を聞かせてくれるが、まわりの田園風景に、その話がうまく織り合わさっている。その中の一人、ローマ帝国の第三十軍団の百人隊長が'the Wall'、すなわち「ハドリアヌスの防壁」に赴く話は、その後の作家、サトクリフに影響を与えたと思われる。

メリー・ウィドウ

オペレッタ「メリー・ウィドウ」の本番直前の「バックステージツアー」に参加した。ライトに照らされ舞台装置もそろった舞台の上に立って四階席まである客席を眺めると、オペラ歌手の気分。舞台は少し前方に傾斜していて立ちにくいし、背景も平面の板に描かれていて作り物なのに、上演された舞台を見ると華やかな夢の世界だ。
ちなみに、映画の題名など原題そのままを安易にカタカナにするのはどうかと思うが、この場合「Merry Widow」を「陽気な未亡人」と訳しては、軽く華やかな内容に合わないし夢の世界には入りにくいだろう。

いなばのしろうさぎ

鳥取県の東部、昔の因幡(いなば)の国にある鳥取砂丘へ行った。起伏のある砂丘の中をやっと歩いていくと向こうに青い空と青い海が広がっていた。ただし、さらさらで細かい砂は靴下の中まで入り込んで大変だった。
帰りはJRの特急「スーパーはくと」に乗った。「はくと」は白兎すなわち「いなばのしろうさぎ」のこと。因幡の隣、鳥取県の西部は伯耆(ほうき)の国で、その隣が出雲の国になる。出雲のオオクニヌシノミコトが、はるばる旅をして、因幡の国の人助け(ウサギ助け)をした話が残っているのだから、オオクニヌシという人は、さぞ人望があったのだろうと思った。

Anne of Green Gables

L.M.Montgomery作「Anne of Green Gables」シリーズは中学時代の愛読書だった。その後、原書で読むと又おもしろい。簡単なところではMatthewというのが聖書のマタイだとか「刺し子の布団」がquiltだとか。
Anneの親友Dianaの名前をMatthewは「dreadful heathenish name」というが、ディアナはローマ神話の女神(ギリシア神話ならアルテミス)だからキリスト教徒のマシューにしたら「ひどく異教的な名前」なのだろうと、これも日本語では気づかなかった。