記事一覧

淡路島

アップロードファイル 395-1.jpgアップロードファイル 395-2.jpgアップロードファイル 395-3.jpgアップロードファイル 395-4.jpgアップロードファイル 395-5.jpg

兵庫県淡路島の灘黒岩(なだ・くろいわ)水仙郷に行った。水仙が青い空と海に面した斜面に群生していて香りも良かった。
「夢舞台」の植物園には様々な種類の蘭が展示されていた。野生の水仙と人工的な蘭との対比が面白かった。
ついでにホテルの椅子も花で、春には一足早い花の旅だった。

シャーロック

名探偵ホームズを「シャーロック」と呼ぶのは、原作では兄のマイクロフトだけだった。「シャーロック」と連呼されると、ホームズがぐっと現代風になる。

厳冬の奈良

アップロードファイル 394-1.jpgアップロードファイル 394-3.jpgアップロードファイル 394-4.jpgアップロードファイル 394-5.jpg

若草山の山焼きを見に行った。山焼きの前には、奈良公園あたりでは歩いている鹿が、なんと山裾を走っていた。
山裾の野上神社で行われた山焼きの神事では、春日大社の祝詞(のりと)の後、東大寺、興福寺その他の読経があった。両方あるのが日本らしいと思った。
山を焼くのは、奈良県の消防関係者が総出で行っていた。火の威力、神々しさと恐ろしさを同時に感じさせられた。

翌日は、奈良市街の北の京都府にある岩泉寺(がんせんじ)と浄瑠璃寺(じょうるりでら)に行った。池が凍りついていた。付近には石仏がたくさんあった。二日とも晴れてはいたが、身の引き締まる寒さだった。

ハビトロット

「むかしむかし、やさしく美しいけれど、怠け者の娘がいました。結婚式も近いというのに楽しく踊ってばかりいたので、嫁入り支度にする糸紡ぎがぜんぜんできていません。娘が森で泣いていると、小さなおばあさんがあらわれました。おばあさんは、糸車を素晴らしい速さでまわしていて、娘の代わりに糸紡ぎをしてくれるというのです。おばあさんが紡いだ糸は見事なできばえで、娘は糸紡ぎの名手として有名になってしまいます。

やがて、結婚の日になりました。そのお祝いの席に、醜いおばあさんがやってきたのです。その唇は垂れてねじれ、親指は広がり、足は扁平で、背中は曲がっています。どうしてそんな姿になってしまったのかと聞かれたおばあさんは、それが、長年の糸紡ぎのせいだと答えます。それを聞いた花婿は、花嫁には一生糸紡ぎはさせないと誓いました。めでたしめでたし」

その話を聞いていた動物たちは、「何の教訓もないけど、すてきな話」と言う。同感。

グリム童話にもある話だが、これはポター作。
Habbitrotとして知られるおばあさんが糸を紡ぐ音は、「trot,trot,habbitrot」と聞こえる。「trot」は馬が駆ける音でもある。目にもとまらぬ速さで回る糸車が思い浮かぶ。


"The Fairy Caravan" by Beatrix Potter

エル・グレコ展

エル・グレコは、その名の通り、16世紀半ばにギリシャで生まれ、ヴェネツィアで絵画を学び、スペインで活躍した。その作品には、感情豊かで劇的で色彩豊かな宗教画が多いが、それはルターの宗教改革に対抗するカトリック側として、見る人に訴えかけるように大げさに描いたという側面もあるそうだ。

「マグダラのマリア」「商人を追い払うキリスト」「無原罪の御宿り」など、宗教画といういわばフィクションの世界が、真に迫った迫力で描き出されている。

ベーグル

アップロードファイル 391-1.jpg

朝ごはんにベーグルを作ってもらった。ドーナツ形に成型した生地を茹でてから焼くのが面白い。焼きたては最高であっという間に無くなってしまった。

迎春2013

アップロードファイル 390-1.jpeg

巳年生まれの人は、12、24、36、48、60・・・歳。

熱田神宮

アップロードファイル 389-1.jpgアップロードファイル 389-2.jpg

名古屋市の熱田神宮。本宮の周りを一周する道があった。

クリスマス展

兵庫県姫路市にある日本玩具博物館では、世界各地のクリスマス飾りが展示されていた。古代ヨーロッパの光を待ち望む冬至祭と、豊作を願う収穫祭に、キリスト降誕の祝いが重なったクリスマスは、ヨーロッパ各地、そこから伝わった世界各地で様々な祝い方がされている。スウェーデンのユール・トムテ、ドイツの麦わらのツリー飾りや、光のピラミッド、くるみ割り、メキシコのピニャータなど、形も色も材質も様々だった。

月の男

英国伝承童謡に

 The man in the moon
 Came down too soon,
And asked his way to Norwich;
 He went by the south,
 And burnt his mouth
With supping cold plum porridge.

というのがある。
地名のノリッジと、お粥のポリッジ、その他、韻を踏んでいるので調子がいいが、
「冷たいお粥でやけどした」という意味不明な不思議な詩だ。

ファージョンの「銀のシギ」は、この詩と、昔話とから想像をふくらませて生まれた。「月の男」チャーリーが、最後にすばらしく変身するのに驚かされる。