記事一覧

Anne of Green Gables

L.M.Montgomery作「Anne of Green Gables」シリーズは中学時代の愛読書だった。その後、原書で読むと又おもしろい。簡単なところではMatthewというのが聖書のマタイだとか「刺し子の布団」がquiltだとか。
Anneの親友Dianaの名前をMatthewは「dreadful heathenish name」というが、ディアナはローマ神話の女神(ギリシア神話ならアルテミス)だからキリスト教徒のマシューにしたら「ひどく異教的な名前」なのだろうと、これも日本語では気づかなかった。

源氏物語千年紀

京都三条の文化博物館の「源氏物語千年紀展」。時代をこえてたくさん残されてきた写本や絵巻が並んでいる。源氏物語が、いかに人気があって読み継がれてきたのかがよく分かる。それにしても「写本」というのは、いちいち本を書き写したわけで、それも地模様の入った美しい和紙に流れるような筆遣いで書かれている。本は貴重品であったのだとつくづく思った。

掃除

新しいすみかなので、できるだけきれいにしておきたいと思って説明書を読んでみた。それによると掃除の仕方は、「柔らかい布で中性洗剤を使い優しく拭く」のが基本らしい。これまでは、がんばってきれいにしようと思うときはクレンザーやナイロンたわしでごしごしこすっていた。常識も変わるものだ。というか、そこまで汚れをためてはいけないというのが第一なのだが…

ルーブル美術館展

18世紀のフランス宮廷の絵画、工芸品の展示会。銀製のテリーヌ入れや塩入れなど、日常使われる物に贅を尽くしてある。小さくて豪華な嗅ぎタバコ入れには、上からは見えない底まできちんと肖像画が描かれている。日本から輸入した蒔絵(まきえ)の水差しに金の装飾を加えたものもある。遠い異国の中国や日本のものが珍重されたようだ。マリー・アントワネットの旅行用携行品入れトランクに入っていたイニシャル入りのお茶のカップや茶こしは今でも使えそうなものだった。はじめて彼女を身近に感じた。

常磐湯本町

いわき市は、東北地方の入り口、福島県の南東部にあって、その昔、常磐炭田の中心として栄えたところ。「いわき(岩木)」は江戸時代から石炭を意味することばだったそうだ。そこにある湯本は今ではひなびた温泉町で、地元の人が気軽に通う温泉や足湯があちこちにある。ここでは時の流れもゆったりしているように感じられる。

電気に囲まれて

引っ越し先がいわゆる「all電化」なので、鍵の使い方、エレベーターの乗り方から始まり、IHのキッチン、お風呂の沸かし方、お湯の入れ方など、だいぶ慣れたがいちいちとまどうことが多い。出かけるとき防犯機能をセットすれば、解除のしかたが分からなくてブザーが鳴り続けるし、お風呂も「適当に」ではだめで量と温度を設定しなくてはいけないし。忠実だが融通の利かないメイドがいるような気がする。

苺ジャム

家の近くの商店街をぶらぶらしていたら、八百屋さんをみつけた。店先に苺がなんと4パック700円で並んでいた。買ってきて苺ジャムを煮てもらった。グラニュー糖と混ぜてしばらくおき、ルクルーゼであくを取りながらことこと煮ていくと、いいにおいがたちこめる。煮詰めていくとだんだん白くなっていく苺が、また真っ赤になってできあがり。鍋一杯の苺が小瓶三つ分くらいになってしまう。ひとつぶの苺の中に春の味が凝縮されている。

秋野不矩展

秋野不矩展を見にいった。静岡県の天竜川沿い出身で、京都に住み六人の子を育て上げ、九十代まで精力的に描き続けた画家だ。日本画の枠からはみでた雄大なインドの風景は見るたびに元気になる。

引っ越しその四

前より広いところに引っ越したはずなのに、なかなか段ボール箱が減らない。間取りの関係で収納場所を変えようとしているので、今必要なものかどうかと考えているとなかなか荷物が収まらない。年月と共に増えてきたものは、その人の歴史だと思うので大事にとっておきたいものを持ってきたはずなのに、今ではあまり使わないものをどうしたらいいか悩んでしまう。昔の御蔵があるといいなあ。トランクルームより大事に保存する感じがするし。

引っ越しその三

引っ越しが終って四日め。当日は、若いメンバー六人の引っ越し業者が手際よく荷物を運び出し、引っ越し先も近いので午前中に搬入が終ってしまった。
ただしその後に残された段ボールの山は今日になってもちっとも減らない。