記事一覧

津軽(つがる)2:「斜陽館」

アップロードファイル 184-1.jpg

青森県西部は、むかし津軽(つがる)と呼ばれた。その中の五所川原で津軽鉄道に乗った。古い古いディーゼルでストーブ付き。冬はストーブ列車になるそうだ。

金木(かなき)で下車した。駅前からずっと店も閉じ人通りもないが、太宰治の生家「斜陽館」のあたりだけ、観光バスも止まり異様に混んでいた。

生原稿、愛用のマントや財布を見ていると、かの有名作家「太宰治」が「津島修治」として暮らしていたのだと実感される。ぐるりにつばがある帽子に「和服好きなのでこの帽子はかぶらなかった」といった説明があった。太宰のマントは洋装のイメージだったが、着物の上に着ていたのだと今更ながら気がついた。

さすがに大きな立派な屋敷だが、20人ほどが暮らしていたそうでプライベートな部屋というものがない。富裕な家に生まれ、繊細なハンサムで賢いが、大家族のため両親の愛情は薄く育ったのが太宰文学の原点だと、実際の建物を見ながら思った。

津軽(つがる)1:五能線の旅

アップロードファイル 183-1.jpgアップロードファイル 183-2.jpg

秋田から五能線(ごのうせん)経由の「リゾートしらかみ」で旅をした。五能線は、秋田県の東能代(ひがしのしろ)から青森県西部の五所川原(ごしょがわら)を通り川部(かわべ)まで日本海に沿っていく。「リゾートしらかみ」は、川部で奥羽本線に接続して弘前行きと青森行きに別れる。窓が大きく展望室もある乗り心地のいい列車だ。

沿線には、まず露天風呂があった。茶色の泥水のようだが、目の前に日本海が広がり、海の匂いがして風が涼しかった。携帯が圏外になって驚いた。

次は十二湖へ行った。白神山地のブナ林の中に緑色の水をたたえる池が点在しているところだ。青池は、水の色が青く神秘的な雰囲気。沸壺(わきつぼ)の池は透明度が高い。ブナ林の散策路は気持ちがよかった。

車窓に広がる日本海はすてきな眺めだ。その名所の一つ、千畳敷では見物のため臨時停車し、車内で津軽三味線の生演奏もあった。五所川原で「リゾートしらかみ」を降りた。

その後、五所川から足を伸ばして太宰治の生家を訪れ、夜は五所川原の「立佞武多(たちねぶた)」を見学した。

「秋田の行事」

秋田県秋田市の平野政吉美術館には、平野氏が集めた藤田嗣治の画がたくさんあった。「眠る女」「自画像」「パンを持つ少女」など有名な作品の他、わざわざ描いてもらったという、竿燈まつりや雪のかまくらなど秋田の行事を描いた大きな作品が珍しかった。

「ニルスのふしぎな旅」

スウェーデンの女流作家、ラーゲルレーヴが、日本でいうと明治時代に子ども向けに書きノーベル賞を受賞した作品。小人にされたいたずらっ子のニルスが、ガチョウの背に乗って「ケブセカイネのアッカ」という賢い年寄りガン率いるガンの群れと共に、豊かな南部のスコーネ地方から北方のラップランドまで国中を旅する物語。地上から雁の群れを眺めるのでなく、鳥の羽ばたきや顔に当たる風や日の光を感じながら広い空を飛ぶのが、なにより魅力的だ。(偕成社文庫)

大暑

今日は「大暑」で、一年で一番暑い頃のはずだが、今年は天候不順で梅雨明けもはっきりせず、ずっとぐずついている。アイスティーを作る気にもならない。涼しいのはいいが、勝手なもので暑くないとまた心配になる。

祇園祭

アップロードファイル 179-1.jpg

今日は山鉾(やまほこ)巡行の日。京都の四条河原町の四つ角で見物人がいまかいまかと待っていると、車両が通行止めになり、警備の警察官が来て、信号会社の人たちが目の前の信号の向きをぐいっと曲げて道路に直角にして、報道陣が陣取って、お囃子が聞こえてきて、やっと稚児が乗った長刀鉾がやってきた。四つ角で「辻回し」をして大きな鉾がぐいっと曲がると拍手が起きる。その後、かまきり山、船鉾などおもしろい形のものを含め32基の山鉾が通っていった。最後は南観音山。
1400年前に、疫病平癒祈願のために始まったという祇園祭。いまや新型インフルエンザ平癒祈願をしなくてはならず、過去に通じるところがあるようだ。

紫陽花

アップロードファイル 178-1.jpg

 「七段花(シチダンカ)」という名前の紫陽花を見た。
 シーボルトの日本植物図の中にあったけれど実物が見つからず「幻のアジサイ」と言われていたが、五十年前に兵庫県神戸市の六甲山で自生しているのを見つけられたものだ。
 小さめのガクアジサイといった感じの薄紫の可憐な花だった。

 ちなみに普通の紫陽花もどっさり咲いていて華やかだった。

ルーブル美術館展

ルーヴル美術館展に行った。黄金期オランダのフェルメール「レースを編む女」を初め、17世紀ヨーロッパ絵画を集めて見ごたえがあった。

宗教画でキリストの生涯をたどってみると、まず誕生以前を描いたムリーリョの「6人の人物の前に現れる無原罪の聖母」のマリアは清純で、カルロ・ドルチの「受胎告知」のガブリエルは気品があり、シモン・ヴーエの「エスランの聖母」のマリアは美しく、幼子イエスは愛らしい。珍しく養父ヨセフと子どものイエスを描いたのが、ラ・トゥールの「大工ヨセフ」。その後は、磔刑のイエスを描いたフランケンの「キリストの受難」で、最後はキリストの死後のマリアとペテロを描いたヴェルチーノの「ペテロの涙」。信仰の上からも、創作意欲を刺激する題材だろうが、時の権力者を脅かし、その後の世界を変えた魅力的な指導者であったはずの青壮年期のイエスの姿が無いのがおもしろく思われた。

Midsummer

夏至を過ぎたばかりなので、6時半過ぎにやっと日が沈み、まだまだ明るい。「夏至」といっても梅雨だし一年中でいちばん日が長いくらいしか思わないが、英語では印象が違うらしい。夏至の頃をいう「Midsummer」は、一年中でいちばんいい季節だそうで、特にMidsummer Eveというと、古代の祭りの日で、かがり火、ハーブの香りの中に、fairyが現れそうな何かふしぎな雰囲気が感じられる。シェイクスピアの「Midsummer Night's Dream」が代表的だ。キップリングの「Puck of Pook's Hill」では、子どもたちが、それを演じていると本物のパックを呼びだしてしまった。

枇杷

梅雨に入って蒸し暑くなってきたので、今年はじめて煎茶を水出しでアイスティーにした。近くの神社のお祭りでもらった枇杷を添えると、透明で薄緑のお茶に、橙色の枇杷(妙な日本語だが、)で色合いもうつくしく爽やかだった。