記事一覧

富岡製糸場

アップロードファイル 517-1.jpgアップロードファイル 517-2.jpg

群馬県富岡市の富岡製糸場に行った。
解説によると、ここは、今から140年ほど前、明治時代に国営工場としてフランスの技術を導入して造られた。その後も日本独自の技術革新を続け、生糸の大量生産に貢献した。

また、東繭倉庫(ひがしまゆそうこ)などは、木で骨組みを作り、柱の間に煉瓦を積み上げて壁を造る「木骨煉瓦造(もっこつれんがぞう)」という工法でつくられていて、煉瓦は瓦職人が焼き、フランス式の積み方で積まれているそうだ。

建物を見ていると、当時の日本人の意気込みが伝わってくる気がした。

雲の絶間姫(くものたえまひめ)

アップロードファイル 516-1.jpg

歌舞伎座で通し狂言「雷神不動北山櫻」を観た。
鳴神上人(なるかみしょうにん)その他、五役を市川海老蔵が、そして上人を誘惑する雲の絶間姫を坂東玉三郎が演じる。
玉三郎は、すべての動きが滑らかで無駄がなく、舞っているように美しかった。

「ミラノ大聖堂聖歌隊」

第一部は、「アンブロジオ聖歌」。これは、中世以来カトリック教会のミサなどで歌われてきたラテン語の歌で、一般に「グレゴリオ聖歌」と言われるもののミラノ版。
さしずめ日本なら聲明(しょうみょう)にあたるものかと思った。

第二部は、モーツァルト、バッハそしてフランスやミラノにゆかりのある宗教曲。お馴染みの「きよしこの夜」もイタリア語なので新鮮な感じがした。

The Little House

この本の主人公「小さな家」は、女の子だ。
好きなものは、おひさまとお月さまとリンゴの木とデイジーの花。
動かないし変わらないはずの「家」なのに、場面によって表情も変わる。
住んでいた場所がどんどん都会になってしまって悲しんでいたが、
最後は、引っ越しをして緑の丘でにっこり笑う。 
表紙の玄関の階段のところに「HER STORY」と書かれていた。

"The Little House" by Virginia Lee Burton,1942

2014紅葉その2

アップロードファイル 514-1.jpgアップロードファイル 514-2.jpgアップロードファイル 514-3.jpgアップロードファイル 514-4.jpg

奈良市、東大寺の近くにある依水園(いすいえん)。江戸と明治それぞれの時代に造られた二つの庭がある。
今年の紅葉はグラデーションが綺麗で、木によって色づきに差があり長く楽しめる。

2014紅葉

アップロードファイル 513-1.jpgアップロードファイル 513-2.jpgアップロードファイル 513-3.jpgアップロードファイル 513-4.jpg

恒例の岡崎、南禅寺、永観堂、哲学の道コース。
いつも綺麗な木がいまいちだったりして、毎年少しずつ違う。

源氏物語絵巻

12世紀前半につくられた源氏物語絵巻が、徳川美術館で毎年秋に公開される。今年は、「竹河(たけがわ)」(二)と、「東屋(あずまや)」(二)だった。

前者は、光源氏亡き後、春三月、養女の玉鬘の二人の娘、大君と中君が桜の所有権を争って碁を打っている場面。女房達が「長年のお争いだから」と囃し立て歌を詠み、それを夕霧の息子、蔵人の少将がそっと見ている。

後者は、秋、薫が三条あたりの隠れ家にいる浮舟を訪ねて待っている場面。

絵は豪華で繊細。詞書(ことばがき)の紙も書かれた文字も美しく、華やかな宮廷生活が想像された。

「井筒」

伊勢物語を題材にした半能「井筒」を見た。
井筒とは井戸のこと。
月夜に旅の僧(ワキ)がまどろんでいると、夢がうつつか、在原業平の形見の冠と直衣をまとった女(シテ)が現れ、井筒のそばで舞を舞った後、水鏡に姿を映して姿を消す。
600年も昔、室町時代の夜はさぞ暗く、月の光が冴えわたったことだろう。これはまた、男の演者が、女に扮し、更に男装しているという複雑な構造になっている。
能の「幽玄」とはぼんやりしたものではなく、芯の通った美しさだそうだ。静かで神秘的で奥が深い世界だった。

芸術の秋

アップロードファイル 509-1.jpgアップロードファイル 509-2.jpg

まず、京都の「鳥獣戯画と高山寺(こうさんじ)」展。
修理完成記念ということで、兎や蛙や麒麟などの動物から、人間までがいきいきと描かれた絵巻の絵が鮮やかだった。
技術と熱意と根気がなければ修理などできないと思った。

次は、奈良の「第66回正倉院展」。
今年は、聖武天皇の愛用品が出品されていた。
「鳥毛立女屏風(とりげ りつじょのびょうぶ)」は、気品あるふくよかな美女が描かれている。衣にヤマドリの羽が貼られていたそうだ。
「鳥獣花背方鏡(ちょうじゅうか はいの ほうきょう)」は、一辺が17センチほどの大きさで、銅やスズの合金で作られている正倉院唯一の四角い鏡。つまみにした獅子をはじめ、鳥や獣や花が背面に彫られている。
「紫檀木画挾軾(したん もくがの きょうしょく)」は、長さ111センチ、高さ34センチほどの肘つき台。草花や鳥などが、金銀で細かく描かれている。
前に置き、両肘をついて使ったというのが面白い。
「御床(ごしょう)」は、ヒノキ製のベッド。上に畳と敷物を置いた。

はるか昔、8世紀後半の歴史上の人物である聖武天皇が、木のベッドに寝て、両肘をついて美人の絵を見ながらくつろいでいたかと想像すると、ほんとうに生きていた人なのだなあと納得させられる。

最後は「大古事記展」。
古事記に登場する古い神社、天理市の「石上神宮(いそのかみじんぐう)」の国宝、「七支刀(しちしとう)」が展示されていた。六つの枝が出ているような刀で、「太和四年」(369年)その他の銘文が刻まれている。

屋根瓦のふき替えなどの大修理が終わった正倉院の建物も見に行った。木々の紅葉が始まっていて青空に映えていた。

「万作萬斎狂言公演」

・成上がり・・・鞍馬寺に参詣する主人の供をする太郎冠者。預かった太刀をすっぱ(スリ)に盗られてしまい、物が変わる「成上がり」の話でごまかそうとするが叱られる。主従で、すっぱを捕まえようとするが・・・?
軽妙で楽しい演目だ。

・川上・・・吉野の里に住む盲目の男が、霊験あらたかな川上の地蔵に参詣し、見事目が開くが、その条件が「悪縁の妻を離別すべし」というもの。帰宅した男は、問答の末、妻と連れ添い続けようとすると、また目が見えなくなってしまう。
笑うところがない狂言を初めて観た。台風接近という外の喧騒を忘れさせる静かで味わい深い作だった。

・茸(くさびら)・・・屋敷中に茸が生えて困った男が、山伏に祈祷を頼む。ところが、祈祷のたびに人間大の巨大な茸が増えてくる。
色とりどりの傘をかぶった茸が、ひょこひょこと増えてきて笑わせるが、少し怖くなってくる。茸の動きは、厳しい修練あってのものだろう。