記事一覧

山鉾巡行(前祭)2017

アップロードファイル 695-1.jpgアップロードファイル 695-2.jpgアップロードファイル 695-3.jpgアップロードファイル 695-4.jpg

祇園祭の山鉾巡行、前祭(さきまつり)を四条河原町で見た。
長刀鉾(なぎなたほこ)を先頭に23基の山鉾がやってきた。
辻回しが見所の一つ。
蟷螂山(とうろうやま)のカマキリが元気よく動いていた。
最後の船鉾(ふねほこ)が通ると、パトカーが通り、信号の向きが戻され、あっという間に車が往来する普通の道路に戻った。
午後に四条通を行くと、役目を終えた鉾が、早くも飾りを外され屋根と木組みだけになっていた。

新しい伝統建築

アップロードファイル 693-1.jpgアップロードファイル 693-2.jpgアップロードファイル 693-3.jpgアップロードファイル 693-4.jpgアップロードファイル 693-5.jpg

京都迎賓館のガイドツアーに行った。
以下は説明と栞を参考にした覚え書き。

2005年に開館した。
鉄筋コンクリート建てだが、内装は伝統的な和風建築の技が生かされている。

・正面扉…樹齢七百年の欅の一枚板。
・聚楽(じゅらく)の間…ロビーに当たる。祇園祭にちなんで屏風のしつらえ。
・夕映(ゆうばえ)の間…会議、晩餐会の待合に使われる。
可動式の壁面は、日本画の下絵を元にした織物。裏に小部屋ができる。
・藤の間…最も大きな部屋。
晩餐会や歓迎式典会場に使われる。壁面は織物。
・桐(きり)の間…和食を提供。舞や琴の演奏も。
釘隠(くぎかくし)や襖(ふすま)の唐紙や座椅子の背などに京都迎賓館の紋章「五三の桐」(明治時代から日本国政府の紋章)。
・庭園…廊橋(ろうきょう)の屋形船のような屋根の隅にコオロギ、鈴虫などの彫り物。
和船。

梅ジュース2017

アップロードファイル 694-1.jpg

梅ジュースと、おまけの梅ジャム完成。

梅雨の花

アップロードファイル 692-1.jpgアップロードファイル 692-2.jpgアップロードファイル 692-3.jpgアップロードファイル 692-4.jpg

兵庫県西宮市大谷美術館の庭。
ギボウシとアガパンサスのような花と紫陽花が咲いていた。
久しぶりの雨模様で、どれも元気に見えた。

梅ジュース製作中

アップロードファイル 691-1.jpg

梅ジュース、後一週間でできあがり。

フライパンその2

クリスティの「Murder is Announced」に、登場人物の一人が、玉葱を炒めてオムレツ用のフライパンを駄目にしたと、フライパンの持ち主をかんかんに怒らせる場面があった。
オムレツ用のフライパンは、使用後に水洗いせず油をしみ込ませた紙で拭いていたのに、玉葱を炒めた後は水洗いしなくてはならないからだそうだ。

確かに、鉄のフライパンは、油をなじませるため使い始めに空焼きなど面倒な作業が必要だ。その後も手入れ良く使い込んだものは、鉄の表面に油の皮膜ができるので、焼きあがりが素晴らしいという。

今回、フライパンを修理に出している間に使うため、新しく鉄のフライパンを購入した。ただし、鉄の表面に加工してあるものなので手入れも簡単だ。

"Murder is Announced" by Agatha Christie

Deplorable Word

ナルニア国創世記、少年ディゴリーは、へっぽこ魔術師の伯父の企みで別世界に送られ、魔女を目覚めさせてしまう。

魔女が、その世界を破滅させたことばは「Deplorable Word」となっていた。「deplorable」は「嘆かわしい、悲しむべき」といった意味で、直接「滅亡」や「破壊」の意味ではないが、じわじわと恐ろしくなってくる深みがあることばだ。


"The Magician's Nephew" by C.S. Lewis

似た者同士

アップロードファイル 688-1.jpgアップロードファイル 688-2.jpgアップロードファイル 688-3.jpgアップロードファイル 688-4.jpg

スモモ、桃、梅、梨。少し前に花盛りだった木々が小さい実をつけている。今のところは、どの実も良く似ている。

フライパンその1

フライパンを新潟県燕市の製造元に修理に出したら、表も裏もピカピカになって戻ってきた。ただし、研磨されて底のメーカー名が消えてしまった。

遠州の古刹

アップロードファイル 686-1.jpgアップロードファイル 686-2.jpgアップロードファイル 686-3.jpgアップロードファイル 686-4.jpg

・井伊家の菩提寺、龍潭寺(りょうたんじ)
・「ていぼう」
・天竜浜名湖鉄道の気賀駅

ページ移動