記事一覧

パンダの親子

アップロードファイル 819-1.jpgアップロードファイル 819-2.jpgアップロードファイル 819-3.jpgアップロードファイル 819-4.jpg

大阪府南部
・堺市の土塔(どとう)・・・8世紀、行基が建てた仏塔。
・和泉市久保惣(いずみし  くぼそう)記念美術館
宮本武蔵筆「枯木鳴鵙図」・・・鵙(モズ)が虫を狙っている。

和歌山県
・白浜アドベンチャーワールド・・・パンダ、ペンギン、イルカその他、のびのびと元気だった。

雨で寒い4月10日

アップロードファイル 816-1.jpgアップロードファイル 816-2.jpgアップロードファイル 816-3.jpg

飛鳥山(あすかやま)公園の桜
Bunkamura「クマのプーさん展」
三菱一号館美術館「ラファエル前派の軌跡展」

明治堂のクロワッサン
渋谷VIRONの朝食
銀座資生堂のランチ

大分県の旅その2

アップロードファイル 812-1.jpgアップロードファイル 812-2.jpgアップロードファイル 812-3.jpgアップロードファイル 812-4.jpgアップロードファイル 812-5.jpg

三日目
国東(くにさき)半島
・宇佐神宮…八幡宮の総本山
8世紀後半、最澄が渡唐前に航海安全祈願し、帰国後お礼に弥勒寺を創建したため神仏習合。その勢力のため天台宗の寺が多かったが、16世紀にキリシタン大名、大友宗麟の迫害により衰退。

・富貴(ふき)寺…九州最古の木造建築

・真木大堂…平安時代の9体の仏像と、庚申塔

・熊野磨崖仏…鬼が積み上げたという石段、上り下りが大変

・両子(ふたご)寺…国東半島の真ん中、奥の院と裏の洞窟まで

かぼす、りゅうきゅう丼(カンパチ漬け丼)

大分県の旅その1

アップロードファイル 811-1.jpgアップロードファイル 811-2.jpgアップロードファイル 811-3.jpgアップロードファイル 811-4.jpgアップロードファイル 811-5.jpg

一日目
・別府市(県北東部)
別府ロープウェイ…鶴見岳(つるみだけ)山頂から大分市、別府湾、国東(くにさき)半島が見渡せた。

二日目
・日田(ひた)市(県北西部)…北九州の真ん中、交通の要所、天領。
雛飾り…江戸時代の京都の雛人形や「阿古屋」など歌舞伎題材の人形と、地元庶民の「おきあげ雛」。

・由布(ゆふ)市(県中央部)
由布岳(ゆふだけ)

だんご汁、とり天

関門海峡と太宰府の旅その2

アップロードファイル 804-1.jpgアップロードファイル 804-2.jpgアップロードファイル 804-3.jpgアップロードファイル 804-4.jpgアップロードファイル 804-5.jpg

3、福岡県太宰府(だざいふ)市
・大宰府天満宮
飛梅(とびうめ)、梅ヶ枝餅

・榎社(えのきしゃ)…菅原道真の住居跡

・大宰府政庁跡

・戒壇院(かいだんいん)…奈良時代に僧になる戒律を授けた場所、鑑真が初の授戒

関門海峡と太宰府の旅その1

アップロードファイル 803-1.jpgアップロードファイル 803-2.jpgアップロードファイル 803-3.jpgアップロードファイル 803-4.jpgアップロードファイル 803-5.jpg

1、関門海峡の東側
山口県下関市
唐戸市場(からといちば)の「フク」、巌流島、亀山八幡宮、海峡タワー

2、関門海峡の西側
福岡県北九州市
・小倉区
常盤橋(ときわばし)…長崎街道の終点

・戸畑区
若戸渡船…戸畑と若松間、若松大橋の下

折尾(おりお)名物かしわめし(駅弁)

・宗像市(むなかたし)
宗像大社
 天照大神(あまてらすおおみかみ)の娘の三女神を祀る。
 沖ノ島の沖津宮、大島の中津宮、九州本土の辺津宮(へつぐう)から成る。
 8世紀初の日本書紀に登場する。
 辺津宮の本殿・拝殿、高宮斎場(古代祭場)、第二宮(ていにぐう)・第三宮(ていさんぐう)を参拝。

愛知県西部の旅

アップロードファイル 802-1.jpgアップロードファイル 802-2.jpgアップロードファイル 802-3.jpgアップロードファイル 802-4.jpg

一日目
名古屋市の名古屋城
復元された本丸御殿、湯殿、黒木書院…豪華絢爛
西南隅櫓(せいなんすみやぐら)…昔の武器庫、急勾配の階段

二日目
犬山市の明治村…広い敷地

三井記念美術館

アップロードファイル 795-1.jpgアップロードファイル 795-2.jpg

三井記念美術館で「国宝 雪松図と動物アート」展を見た。

三井家は、江戸後期の絵師、円山応挙の後援者だったので、その作品を多数所有している。その一つ「雪松図」は、松の枝に降り積もって日の光に照り映えている雪の白さの方が、金箔よりも際立っていた。

能面「蛇(じゃ)」は、「道成寺」の鬼女だけに使われるそうだ。

「道成寺」は、
再興された釣鐘供養の場に白拍子が現れて舞った後、釣鐘を落としてその中に隠れる。僧侶の祈祷で鐘が持ち上がると、鬼女になっていた。
それは、安珍清姫伝説(僧に懸相した娘が、蛇に変身して、僧が隠れた釣鐘に巻きついて焼き殺すという伝説)の怨霊だった。
僧の祈祷で怨霊は退散する・・・という話だ。

鬼女に使われる面は「蛇」の他に「般若(はんにゃ)」があるが、「蛇」の方が人間味が消えて恐ろしいものだそうだ。

歌舞伎舞踊の華やかな「娘道成寺」とは全く違う雰囲気だ。
和歌山県の道成寺に行ったばかりなので興味深かった。

道成寺(どうじょうじ)

アップロードファイル 793-1.jpgアップロードファイル 793-2.jpg

和歌山県西部にある道成寺は、8世紀初に創建された県最古のお寺。安珍清姫伝説で有名だが、釣鐘は無い。
件の釣鐘(再興されたもの)は紆余曲折を経て、京都のお寺にあるそうだ。

千葉県の旅

アップロードファイル 791-1.jpgアップロードファイル 791-2.jpgアップロードファイル 791-3.jpgアップロードファイル 791-4.jpg

1、千葉ポートタワー

2、小湊(こみなと)鉄道…房総半島内陸部を走る。
・五井駅から養老渓谷駅まで乗車
・里山トロッコ列車…途中の上総牛久(かずさうしく)駅から養老渓谷駅まで

3、養老渓谷
粟又(あわまた)の滝、小沢又(こざわまた)の滝など滝めぐりの遊歩道

ページ移動