食事

朝はパン、昼は食堂、夜はパスタというのがよくあるパターンです。 忙しくなってくると夜はサラダとチーズだけとか、朝寝坊したら朝昼兼用でパスタとかもあります。ときどきホームパーティーみたいなのに呼ばれます。街のレストランで食べることは滅多にありません。

スーパーで買い物

野菜は基本的に日本より安いです。日本より高いのはホウレン草みたいな葉っぱ(輸入で珍しいし、すごく高い)くらいです。果物もいろいろあります。
ハム・ソーセージはかなり安い物からありますが、一番安いのはほとんどはんぺんです。でもそこそこいいのを買っても日本と同じか、安いくらいです。魚は高めだし、サーモンと日本では見かけない淡水魚(kuhaとか)しかありません。肉は薄切りこそありませんが、細切り・ブロック・ミンチは普通にあります。卵は日本より少し高い、牛乳は安いです。乳製品は基本的に安くておいしいです。
ちょっと独特だと思うのが、「ちょっと手抜きな食材」が売られてることです。バジルが入ったトマト缶とか、ベーキングパウダーが入った小麦粉とか。日本ではどちらも見たことないです。そうと知らずに買ってしまうと後で困るかも知れません。

食堂

学生は2ユーロのカフェテリア方式です。+20セントでパンとかミルクも取れますが、僕はあまり取りません。いくつか食堂がありますが、どこも大体同じメニューです。main buildingの食堂は一番よく使います。メニュー基本的に三種類で、「フィンランド風」「外国風」「ベジタリアン」です。メインの肉とかミートボールは数が決まっていることもありますが、ご飯とジャガイモとサラダは取り放題です。

日本人なら日本料理作れるでしょ!

僕自身は洋食好きなんだけど、「日本料理食べてみたい」て言われることもあります。でも実は自分で作るのはどれも初めて。材料は完全には揃わないけど、それなりに作れます。特に日本のみたいなお米が安く手にはいるのは便利です。

何を持って行ったらいい?

ヨーロッパ諸国のそこそこ大きい街であれば、日本食材店があるようです。でもそれなりに(2倍くらい)割高です。わさびは乾燥した粉末だし、みりんは酒税の関係か「みりん風調味料」しか売っていません。
もし持参できるなら、こんな感じでしょうか。(優先順位順) 下の三つは僕は持ってません。 個人的にだしの素みたいなのは使いませんが、もちろん持って行ってもOKです。
かつぶしは重要な割にすごく高いです。みりんはアルコールの関係で手に入らなかったりします。醤油はかなり普及していますが、キッコーマンじゃないやつは味がかなり違います。(ヘルシンキではキッコーマンが普通に買えます)

フィンランドでご飯を炊く

ヨーロッパに日本みたいな丸っこくて白いお米は無いだろうな…と思ってたら、フィンランドには普通に売ってました。しかも安い。1kgで1ユーロくらいです。puuroriisi(ミルク粥用の米)と呼ばれているようです。少し粘りが多いみたいたけど、日本食を紹介する程度の目的なら十分。
炊飯器は無くてもちゃんと炊けます。時間と火加減はコンロと鍋と初めの水温にすごくよるので、何回か試して感覚つかみましょう。うちの鍋・電気コンロでの炊き方は… 本当はぴったり閉まるフタがあって、鍋が十分大きかったらいいんですが、うちにあるなべはちゃんと閉まるフタがありません。でもそこそこには炊けます

炊き込みご飯

下の「ご飯を炊く」を基本に、ちょっと具を入れるだけ。 水は普通のご飯に比べて多くする必要ありません。むしろ少し少なめでいい!?
タケノコとか里芋の代わりにLanttuを入れました。 他にも根菜っぽいものなら何でもいけると思う。 サヤエンドウ高いけど売ってるから、添えるのもよし。

肉じゃが

ジャガイモが主食と公言してはばからない北ヨーロッパの人々には、割と受けがいいみたいです。砂糖はちょっと少なめに。肉多めで贅沢に。 あるフィンランド人は、「これフィンランド料理かと思った」って言ったそうな。 さすがに違うと思うな。

ご飯炊いて、寿司酢混ぜて、魚切って握るだけです。経験あるのみ。
手巻きなら、こんなネタがそろいます。 あ、巻きす(巻きずし作るやつ)もあるといいですね。

ぎょうざ